So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

時は過ぎ行く [徒然]



IMG_1905 (1).jpg
大沼公園にて 2016年10月

2015年年末に母親を亡くした。
認知症を患い、腎臓の調子の悪かった母はそれでも一人暮らしを希望し、朝から夕方までデイサービスを利用
し、土日にぼくが面倒をみに行けない時はショートスティを利用していた。
朝御飯から晩御飯まで用意してもらい、入浴も済ませることができたのでそれなりになんとかやっていたが、
持ち前のお節介でデイサービスの隣の人の車椅子がうまく動かないのを気にしてその補助をようとし、転倒し
大腿骨を骨折、入院となってしまった。
弱っていた腎臓は手術も受けることができず足はそのまま固定となったがそれでも体力を回復できずそのまま
遠くへ旅立っていった。

母を亡くしてからは法事や家の後始末などいろいろなことに忙しく只々時は過ぎてしまったが少しずつぼくは
日常を取り戻している。
それでも、生まれ故郷の家を処分したことは今だに気持ち的に引きずるものがある。
家があり母親がいたから十勝に行くことができたが家も母もいないとなると、十勝が縁遠くなる。
ぼくももう直ぐ60歳なのでもともと行ったり来たりには限界があるとは言えなにやら寂しい。
母親とはいつかは別れの時が来ることは想像していたが十勝と縁遠くなることは想定していなかった。

失ったものは余りにも大きい。
でもそのことがこれからのぼくにどう影響するのかはわからない。

娘の様子をみに函館に行ってきた。
宿泊は大沼のペンションにしてみた。
朝、早めに起きて湖畔を散歩してみると今までになく美しい景色を見た。
いつまでも割り切れないぼくを母親が笑って見ているように感じた。








nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

森の診療所 アン・サリー [徒然]

SXJ_ann_mori_digipack2.jpg

飾らない、けれど洗練されている。
そして何よりもその歌声は伸びやかで心に染み入る。
アン・サリーの新譜を聞き勇気をもらう。(すでにお馴染みの曲も多いが・・)

一曲目の細野とのデュオの「Love」だけでこのアルバムの世界に引き込まれる。
CDと同タイトルのエッセイ本付きを買ったのだけど・・
そこに書かれているとてもシンプルだけど贅沢な生き方も素敵だなぁ。

タイトルは「森の診療所」
最近の体調不調も春になりこのアルバムを聞きながら森を歩けばきっと良くなる。
そんな気がしてきた。

確かに春から秋の森は診療所のようだ。
疲れた心身をいやしてくれる。
でも残念なことに、冬の蝦夷地の森の過酷さは診療所とは言いがたい。
必然、冬に森歩きを止めたぼくは体調を崩している。

まだ、春は遠い。


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

蝦夷地の秋は短し [徒然]

DSC01938.jpg


DSC01944.jpg


DSC01998.jpg
20103年11月 野幌森林公園

近年の特徴ではありますが、なかなか気温がさがらないなどと思っていると突然に気温が下がりあっと言う間に秋になり紅葉も充分赤くなる前に散ってしまうのであります。

そのほんの短い間の秋らしい写真・・
貴重かもです



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

十勝ワイン マグナム [徒然]

DSC01898.jpg


DSC01900.jpg


DSC01905.jpg


DSC01903.jpg
2013年10月 池田町ワイン城

母親と故郷で過ごす週末ではあるが、天気が悪い。
あちらこちらとドライブをして時間を過ごすのがいつもの母親との週末なのにである。

十勝はもともと晴天日が多い場所で有名である。
十勝晴れの澄み渡ったそらと広い平野、そして遠くに見える日高山脈こそが十勝である。
天気が悪いとどうしょうもない。

どうにか夕方近くになって天気回復となり、帯広から近場の池田町へ赴く。
池田町と言えば、ぼくにとっては「よねくら」のバナナ饅頭である。
バナナの香りの白あん饅頭は素朴でうまい。
帯広駅などにも売ってはいるが池田の店で買うと出来たてのせいか、香りが強く特別に美味である。
などと言っても3分で買い終えるのでは間がもたん。

そういうことで「ワイン城」である。
有名な十勝ワインの総本山である。
しかし、ここはただの土産物屋・・。
勿論、ワインも売ってはいるがありきたりの北海度土産に囲まれ、感動がない。
腹いせという訳ではないが50周年記念の2004年ものの、赤ワインの「マグナム」を買う。
2004年はブドウの質がよかったので、普通のボトルの倍サイズのボトルに詰めちゃいました。
だからマグナム・・。

うーん、これってちょっとね・・。
ベタ過ぎだし、センス無さ過ぎかなぁ。
そう思いながらも1本5000円を2本買うという暴挙に出た。
こんな支出は予定していなかったのだが・・。
まぁ、丁度、歳暮時期も近いので誰かの贈答用とすることとしましょう。
しかし、この「マグナム」なる名称の由来と2004年のブドウの出来について贈答の都度、相手に語るのである。

すこし虚しい気分で表にでると、ワイン城から十勝平野を見下ろす夕日が綺麗であった。
いろいろ不満はあるが「まぁいいか」と思わす綺麗さではあった。


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も「新星館」 [徒然]

DSC01862.jpg


DSC01857.jpg


DSC01853.jpg


DSC01866.jpg
2013年10月 美瑛 新星館にて

今年もまた、この時期に美瑛の丘に建つ「新星館」を訪れる。
毎年のようにオーナーさんがいて、軽くまた来ましたのご挨拶。
覚えているのかいないのか、少し考えたような顔をして明るく挨拶を返してくれる。

移築した築200年の古い木造の建物の中に密やかに、けれどもそして鋭い意思の炎を揺らしながら作品がある。
須田剋太や島岡達三の作品が素晴らしいことは承知だが、それらがまだここにあることに安心する。
美瑛の大自然を展望できるこの丘こそがそれらの作品を飾るにふさわしいことは充分に理解できる。
しかしながらこれらの作品を本当に愛する人がどれだけここを訪れるのかはわからない。
物珍しさの観光客だけでは、少し寂しい気がする。

一点一点の作品と建物の醸しだす雰囲気をゆっくりと見て回る。
そして中二階を登り三階にでるとはめ殺しの大きな窓に、遠く山々とオーナーの作った高山植物園を見下ろす。
全てが巧妙に作られており、オーナーの苦労と情熱がうかがえるのだ。

今年も11月3日に一度閉じて来年の4月にまた開けるとのこと。
「6月には高山植物がいろいろ花咲くので見に来てください。」とオーナー。
毎年今頃来ては、数少ない高山植物の写真を撮っているぼくのことを思い出してくれたのかも知れない。

来年からは6月と10月の2回、ここに来たいと思う。


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

青い池 [徒然]

DSC01850.jpg

DSC01841.jpg

DSC01837.jpg
2013年 10月  美瑛 青い池

青い池を見ることができた。
以前は人知れず、森の中にひっそりとその美しさを隠していた池であった。
それが近年噂になり多くの人が訪れる場所となっている。

この青さはどうだろう。
磨かれたような池の水面が綺麗に景色を映しだしている。
見る場所により濃い青であり、淡い青であり、半透明な青であり・・。

そもそも「青い池」という名前が良い。
シンプルでそしてこれ以上にこの池を印象付ける名前もないだろう。
何より、忘れがたい。

今回は紅葉の始まった秋晴れの日の昼に見ることができた。
同じ時期なら靄の少しかかっている早朝であるなら、もっと良いのかも知れない。
雪のある景色も白とのコントラストが見事だろう。
いや待て。そもそもこの池は凍るとどうなるのか・・
興味は付きず、いつまで見ていても飽きることがない。

50代半ばを過ぎて悩むことが多い日々。
少し心が洗われたようである。
年に一度美瑛を楽しみに来るが、また一つ立ち寄る場所が増えた。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

十勝のガーデニング巡り 十勝ヒルズ [徒然]

DSC01282.jpg
2013年7月 十勝ヒルズ

DSC01278.jpg

DSC01248.jpg

DSC01253.jpg

十勝ヒルズは未だこれからのガーデニング。
敷地は広く花の数も多いのでこれから何年か後が楽しみ。
池には蓮の花が丁度満開でした。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

十勝のガーデニング巡り 十勝千年の森 [徒然]

DSC01330.jpg
2013年7月 十勝千年の森
DSC01327.jpg

DSC01337.jpg

DSC01328.jpg

十勝千年の森では丁度ローズフェスティバルの準備中ということでしたが既に満開状態。
流石に有名な方の指導を受けて育てているということで綺麗でした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

十勝のガーデニング巡り 真鍋庭園 [徒然]



DSC01284.jpg
2013年7月15日 真鍋庭園
入口あたりの様子

DSC01293.jpg
池と日本庭園


DSC01297.jpg
大きな針葉樹の西洋風の庭園

DSC01308.jpg
大きな柳の木のツリーハウス


真鍋庭園は十勝の人々にとっては随分と昔から帯広にある庭園としてお馴染みです。
言わば北海道のガーデニングの老舗かも・・
この庭園は毎年整備されつづけていて様相も年々変化しています。
他のガーデニングと異なるところは「花」が売り物ではなくて「針葉樹」がメインというところ。
ここの庭園では「ブルースプルース」という北欧の針葉樹を植樹し今では普通に北海道の庭園の木としたことでも有名です。
ブルースプルースは松の葉の縁のあたりが少し白がかった感じで大きく育つと風格のある美しい針葉樹です。

庭は日本庭園と西洋庭園の両方が楽しめ池があったり滝があったりツリーハウスもあったりして変化があり楽しめます。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オンネトー [徒然]

DSC01212.jpg

DSC01202.jpg

DSC01199.jpg

オンネトーは大好きな湖だ。
その時の天候や山の緑の具合、光の当たり方で変化する水の色は美しい。
阿寒湖からそう離れてはいないけれど道が狭く訪れる人はそう多くは無い。

湖の色を見ながら母親としばし黙りこむ。
「きれいだね」を繰り返す母親。

この美しさが少しでも長い間、母親の記憶にとどまってくれるように・・
そして、じっと二人で見つめ続ける。

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

初夏の六花の森へ [徒然]

DSC01154.jpg

DSC01141.jpg

DSC01125.jpg

DSC01155.jpg

DSC01148.jpg

母親の様子をうかがいに故郷の帯広へ行く。
特別な用事が無い限り土日は札幌から帯広に車をとばし、さらに母親と十勝管内をドライブ・・

今回はまたまた中札内へドライブ。
初夏の六花の森にハマナシを見にいった。
でも今年は未だハマナシはそんなに咲いていなく少し気落ちする。

「残念だね、お母さん。」
「何が残念なの?」
「ハマナシの花が少ししか咲いていないよ。」
「そうかい。」
そう言って母は何やら嬉しそう。
「ここにはずっと前にも来たことがあるね。」
「お母さん、何週間か前に来たよ。」
「そうだったっけ・・。」

母親の記憶は書かれた瞬間からどこかにこぼれていってしまう。
最近のことからこぼれていくので会話が成り立ちずらい。
でも、昔のことは良く覚えていて時々驚くこともあった。
ところが最近はその昔の記憶も少しずつ塗り替えられて違う景色のものになっていることに気がついた。

「ほらここにもこんな花が咲いてるよ。きれいだね」と母親・・
それはフタリシズカ、そっちは九輪草、これはハマナシと遠い昔に母が教えてくれたように花の名前を言う。
その度に母は少し嬉しそうに「そうかい。」を繰り返す。

子供の頃、ぼくが何かを自慢すると嬉しそうにする母親がいた。
その時と同じように母親はちょっと嬉しそうに同じ花の名前を何度も聞いてくる。
そうしてぼくは何度も花の名前を繰り返す。
ちょっと面倒だと思いながらも何だか照れくさい子供の頃のぼくがいた。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

オオバナエンレイソウの群生(六花の森) [徒然]

DSC00999.jpg

DSC00995.jpg

DSC01003.jpg

DSC00997.jpg

母親の好きな紫竹ガーデンからぼくの大好きな六花の森にやってきた。
「お母さん、この前来た時に年間パスポート買ったもんね。」
「年間・・。そうだっけ。」
そうして母親はバックの中を一つ一つ点検をする。
そうしているうちにもう一度最初から点検を始めたりして・・。
そういうことにも慣れてきて気持ちの済むまで点検をしてもらう。
「それ、無いよ。そんなの買ったっけ・・」
母親が言う。
「そうかぁ、じゃあ仕方ないから券を買おうよ。」
本当は昨日の夜、チェックして財布の中に入れてもらったんだけど・・。

そうして母親分の券を買いぼくはパスポートで入園。
森の中をいろいろ見て歩いていると、オオバナエンレイソウが群生している場所に行き当たった。
この場所でこの花の群生が見られることは知っていたけど、何年も何回も見に来たが今まで見ることはできなかった。
それなのに今回はいつもの年だと完全に遅いこんな時期に思わず見ることができた。

「お母さん、こんなに白い花が咲いてるよ。」
「そうだね、こんなの初めてだよ。」
ぼくは、その時、花の写真を贈る約束があったことを思い出しあわてて写真を撮った。
病と戦っているあの人にこの花の写真を贈りたい。

オオバナエンレイソウは開花するのに10年はかかると言われている。
でも一度開花すると10年花をつけるらしい。
そんな白い花が森の中にたくさん咲いている様はとても不思議な気分。
一生懸命、写真を撮るぼくを母親はまるで子供の頃のぼくを見るように嬉しそうに見つめてくれた。
母親の温かい視線が病と戦うあの人に届いているようだった。



nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

紫竹ガーデンにて [徒然]

DSC00979.jpg

DSC00973.jpg

DSC00980.jpg

DSC00970.jpg


先週の土曜日、母親の大好きだった紫竹ガーデンに二人で行ってきた。

「ここはどこなの?」
「ほら、お母さんの大好きな紫竹ガーデンじゃない」
「そうだっけ・・。」

少しずつ話が噛み合わなくなってきた母親を見ても今はもう焦ったりしない。
落ち着いて見てあげられるようにもなった。

「ほら、花きれいだね」
「そうだね、きれいだ。」

花を見てうれしそうにする母親。
今日はあともう一件、ガーデン巡りをしてみようと思った。


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

遅い春 [徒然]

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

犬の表情 [徒然]

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の15件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。